古墳の形

前方後円墳だけじゃない。古墳の形とは

「古墳」といえば教科書でよく見かける鍵穴型の「前方後円墳」が古墳界のスパースターだが、実は他にも様々な形がある。
 また、同じ前方後円墳型でも、年代によって流行のスタイルがあったようで、後円部が大きく前方部が短い短足頭でっかちや、逆に後円部が小さく前方部が細 く長いスタイリッシュな者、くびれがきゅっとしている美人や、寸胴で野暮ったい者、造出しと呼ばれる腕付きの者など、実に様々。

■前方後円墳
三世紀から七世紀にかけて多く製造された。
後円部に死者を葬り、前方部は、元々儀式を行う場所だったが発達し円部と同じくらいの大きさを持つようになったと考えられている。

古墳の大きさランキング上位を占めるのはほぼこの墳形である。

近畿を中心に、南は九州、北は東北まで各地に広がる。一説によれば大和朝廷に認められた豪族しかこふ墳形の墓を築くことができなかったとされる。
日本独特の墳形とされているが朝鮮半島にも見られる。

代表的な古墳は大仙古墳(仁徳天皇陵)、誉田御廟山古墳(応神天皇陵)、上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)など摂津地方(大阪)に多くみられる。

■前方後方墳
前方後円墳の後円部を方形にしたもの。
弥生時代終りから古墳時代前半に東日本で多く造られた。京都から千葉県までの伊勢湾沿岸に多くみられる。
前方後円墳よりも小型で数も少ないく東日本で多く作られたことから、前方後円墳の豪族たちよりは1ランク身分の低い豪族の墓ではないかと考えられている。

日本最大の大きさは奈良県天理市の西山古墳で全長183m。前方後円墳最大と比べると焼く1/4の大きさである。最古級の墳墓・静岡県沼津市にある高尾山古墳が有名。

■円墳
弥生時代から古墳時代に築造。かなり古くから築造されていた形である。
古墳時代に日本全国に分布。小・中規模のものが多い。

代表的な古墳は埼玉県行田氏の丸墓山古墳や奈良県奈良市の富雄丸山古墳など。

​いずれも直径は100m前後で中型。

■方墳
近畿・関東に大規模な物が多い。円墳に次いで数多く築造された。

古墳時代後期に多く採用された。起源は弥生時代の方形周溝墓や出風の四隅突出型墳丘墓とされており、出雲に多く見られる。

世界三大墳墓に数えられる秦の始皇帝陵も方墳である。 

古墳時代の終末期には天皇陵の墓として採用されており大阪春日向山古墳(用明天皇陵)、山田高塚古墳(推古天皇陵)が代表的な例である。奈良県明日香村の石舞台で有名な蘇我馬子も方墳と考えられている。

最大級の方墳は島根県安来市の大成古墳、造山古墳、千葉県龍角寺岩屋古墳が有名である。

■八角墳
八角形の古墳。
畿内の大王のみに許された墳形とされていたが、近年機内以外の豪族墓でも
見つかる。7世紀ごろの王族の墓として多く採用される。

「八」の字は古代中国思想的で最高位を占める数字とされている。また「八」を「末広がり」といって演技がよい数字とされているため王墓に採用されたと思われる。

代表的な古墳:奈良県天武・持統天皇陵、奈良県明日香村・牽牛子塚古墳

■六角墳

皇太子・皇子の墓として採用された。
八角墳の廉価版と考えられ最高位である天皇は「八
」の字、それに次ぐ身分(皇太子など)の数字として「六」の字が採用されたと考えられている。
全国でマルコ山古墳等、3例しか認められていない希少な墳形。

■帆立貝式古墳/帆立貝形古墳
円墳に造りだしをつけたもの。または前方後円墳の方墳部が円墳部に比べて極端に小さいもののことを指す。
もしくは前方 後円墳のうち、方形の突出部が短いもの。

大型のものは東日本、特に群馬県に多く見られる。

奈良県河合町の乙女山古墳、大阪府高槻の前塚古墳、奈良県桜井市のホケノ山古墳

群馬県太田市の女体山古墳、東京都世田谷区の野毛大塚古墳、などが有名

■双方中円墳
円丘の両側に方形の突出部を持つ。古墳時代前期に見られる。
奈良県櫛山古墳など極めて例が少ない。

■双円墳/瓢形
二基の円墳を連結した形の古墳。 同じ大きさの円墳が並ぶのではなく片方が小さいため、見た目はひょうたんの様であるため瓢形(ひょうけい)とよばれることもある。きわめて珍しい墳形である。            
大阪府金山古墳が有名で6~7世紀の築造。

■上円下方墳
二段築成になっており、下が方墳上が円墳。

いずれも7世紀~8世紀の築造のものが多く、古墳時代終末期の墳形だが、全国でも5基しか見つかっておらず、とても珍しい墳形。

しかし近代の天皇墓はこの墳形を採用しており、明治・大正・昭和天皇の陵墓はこの墳形である。

奈良県奈良市・カラト古墳、東京都府中市・武蔵府中熊野神社古墳、東京都三鷹市・天文台構内古墳

■四隅突出墓(よんすみとっしゅつぼ)
方形周溝墓の外側斜面に石を貼り、隅を突出させたもの。
山陰を中心に発達。
一つの墓地に群衆して作られている。
鳥取県の妻木晩田遺跡などが有名。鷹の爪にでてくるダニエルも四隅突出墓である。