奈良県天理・櫛山古墳 (くしやまこふん)

基本情報

場所:奈良県天理市柳本町 【地図

墳形:双方中円墳

製造時期:4世紀後半

大きさ:全長160m、中円部:径90m、西側前方部:幅70m、東側後方部幅:65m

石室:竪穴式

石棺:長持ち形

駐車場・トイレ:ナシ

櫛山古墳

古墳の詳細情報

行燈山古墳の東南に位置します。全国で4例しか発見されていない極めて珍しい双方中円墳。前方後円墳の円墳部分に更に方墳がくっついています。主に祭祀時に利用されていたと考えられています。三段築成。


楕円筒埴輪(尖った三角の連続する口縁部をもつ埴輪)が前方部北側の裾からまとまって出土しました。


周濠があり水が張られていますが、これは江戸時代の灌漑用池とみられ、築造当時は空濠だったと思われるそうです。 1957(昭和32)年国指定史跡に登録。


【アクセス】

電車: JR「柳本駅」東へ約600m行き、国 道169号線にでます。

    交差点を渡り、右(南 側)へ。行燈山古墳の堤を東南へ歩いて行く。





#古墳 #方墳 #奈良県 #飛鳥 #明日香

6回の閲覧0件のコメント