奈良県柳本・渋谷向山古墳(しぶたにむこうやまこふん)


基本情報

場所:奈良県天理市渋谷町向山【地図】

墳形:前方後円墳

製造時期:4世紀後半

大きさ:全長310、高さ23m、前方部:幅170m、高さ23m、後円部:径168m、高さ23m

駐車場・トイレ:ナシ


渋谷向山古墳

遠くから見ると完全に山です。


古墳の詳細情報

宮内庁により景行天皇陵(山邊道上陵、やまのべのみ ちのえのみささぎ)に指定されています。

全国の古墳では第7位、奈良県内では第2位、柳本古墳群内では最大規模を誇ります。


竜王山の傾斜を利用して作られましたが、前方部、後円部の各段はほぼ水平に作られています。

三段築成。後円部は平らな円段がのる四段。

肉眼では分かりませんが、南側の前方部横に崩れがあります。


周濠は盾型、階段状。

傾斜があるため、周濠を渡土堤で細かく区切り、水をはっています。


ヤマト王権を語る上で欠かせない古墳です。

被葬者が誰であれ、当時この規模の墓を築造できた人物と言うのは、国内トップの権力を持った人物であることに間違いありません。


【アクセス】

【アクセス】

電車:JR「柳本駅」東へ約600m行き、国道169号線に出て20分程度

     JR「巻向」駅から東へ、国道169号線を北側へ約10分程度

バス:「渋谷」で下車





#古墳 #前方後円墳 #奈良県 #天理 #明日香

7回の閲覧0件のコメント